一体どんな会社なの?

そもそもZMPとはどんな会社なのか、実は知らない人も多いはず。

簡単に言うと、今流行りの自動運転技術が注目されている会社です。

今は自動運転に注目が集まっていますが、全般的なロボット産業のベンチャー企業

CYBERDYNEと少し色合いは違いますが、同じように将来が期待される企業。

企業状況

これだけ噂になっているZMP、さぞかし儲かっているのではないでしょうか。

谷口社長によると、2017年に売上100億円を目標と掲げています。

意外と少ないなと感じたのが第一印象。

ただ2020年の目標が売上1000億円と、現時点の10倍以上を目標としており、今後の伸びが期待出来ます。

DeNAと共同で開発している無人の自動運転タクシーを東京五輪の年までに3000台も運行させる計画も進めているとか。

総括

ZMPの上場は今年末に予定されているとの噂、その根拠の一つとして2015年11月29日に1:2000の株式分割を行っています。

JR九州もIPO前に分割を行っており、1単位2・30万程度に落とし込むための分割が行われる。

主幹事はSMBC日興証券となり、くしくも私が大好きなCYBERDYNEと同じ証券会社。

個人的に今後伸びる企業と考えているのは、AIとロボット産業でその中でも期待している企業がZMPなのです。

ZMPに投資している企業ですが、ソニーや富士エレクトロニクス・インテル等の名だたる企業な名を連ねます。

企業から見ても有望な会社だと言えますね。

ZMPの上場が決まれば、お祭り状態になる事は間違いない。

今度も1単位は貰ってお祭り騒ぎに参加したい!!

%e3%81%8a%e7%a5%ad%e3%82%8a

現在参加中の高利回り投資!

現在高利回りの投資物件に参加して運用中!

基本的には不動産などの担保が付いており比較的安心出来ます。

私は3社に分けて分散投資中で、どの会社も特色があり使い分ける必要があります。

全案件不動産担保で安定のラッキーバンク 投資利回り年6%〜10%(税引前)
規模、利回り共に中堅クラス、バランスのとれた会社。

クラウドバンク  投資利回り年5%~7.5%(税引前)
ソーシャルレンディングの先駆け、利回りは劣るが安定感がある。

現在中止中投資利回り年7.00%〜14.10% (税引前)
これから実績を伸ばして行ける会社、キャンペーンも多く口座開設しておくのがベスト!

ゼロ金利の今の時代、効率的に投資することが必要です。

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ