補欠になっちゃった

もともとブックビル参加は回避するつもりだったアイモバイル、SBI証券にポイント狙いで100株だけ申込みをしていましたが、やっぱりと言うか補欠になっちゃいました。

ポイントが欲しいのと、やっぱり公募割れは回避するんじゃないのかと、1人思惑が交差して悩んでいます。

普段なら補欠なんてまず繰り上がらないですが、アイモバイルに関してはかなり悩んでる方も多い様で、補欠繰り上がりの可能性はありますよね。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%a3%9c%e6%ac%a0

アイモバイルの現状

今回のアイモバイルは公募株数 3,330,000株、 売出株数 2,220,000株、OA 823,800株の 合計は6,373,800株とかなり枚数が多い。

仮条件1,220~1,320円でしたが、やはり上限の1,320円で公募価格は決定しており、市場吸収額は約84億円と膨れ上がりました。

かなり強気の設定をして来たと言うのが第一印象。

それだけ機関の人気があったのか、それともSBI証券主幹事のため、皆がポイント欲しさに上限で申込をしただけなのか。

申込をどうするか

結局のところ問題は、補欠購入申込をどうするかですよね。

初値予想の時にも書いた通り、業績はいいもののこれから伸びて行くが期待されるネット企業として、現時点では頭打ちとなっており先行きが不透明。

公募想定価格から上ブレしたことから、人気が無い訳では無さそうですが、それだけ上値のてっぺんが近づいたと言う事。

マザーズで80億円を超えてしまうと、爆発的に初値を飛ばす事は難しく、公募割れのリスクがあるならあえて参加はしない方向で決定。

恐らく公募割れはぜず、公募価格1,320円付近での攻防を予想します。

IPO・株の情報収集ならここ!

色んな上場後のIPO情報をいち早く収集するには大和モニタークラブがお勧め、現在上場企業のIR更新情報がメールで通知されます。

会社のHPを確認する手間も省け、非常に助かっており、私も利用させて頂いています!

登録使用は何と無料!登録はここから  ↓↓↓

 

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ