ほぼJR九州の抽選が出揃った所で、次に気になるのは初値がどの程度になるのか。

実はまだ後期抽選結果は見ていませんが、もうあまり期待していません。

補欠繰り上げも難しいでしょう。

ただ、今回は全力で申込したので悔いはありません、それだけ人気があったと言う事でしょう。

初値はいったい幾らになるのか予想

過去記事より

以前の記事で書きましたが、一番比較しやすいのが西日本旅客鉄道かと考えます。

ただ、利益体制が違うので何とも言えませんが、東日本旅客鉄道や東海旅客鉄道よりは近いものがあると考えます。

西日本旅客鉄道のPER 11.4倍をベースから割り出した適正価格は2750円辺り、配当利回りも2%台となるのでこの価格なら買いに行けるレベル。

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a
GMOグループ上場時は当選期待大!!口座開設はココから↓

グレーマーケットは?

先日オープンになったグレーマーケットの取引は、2800円・2850円と公募価格2600円を9.6%上回る価格。

直近で比較するなら、日本郵政の公募価格1400円に対して、グレーマーケット価格は1450円。

肝心の初値は、グレーマーケットを大きく上回る1631円。

公募価格→グレーマーケット(公募価格+3.5%)→初値(グレーマーケット+12.4%)

単純に同じ道を辿るとして、グレーマーケット2850円の+12.4%だと、初値は3203円となります♪

過去のトレンドから考える

では日本郵政の初値後の値動きはどうだったのか?

初値はまずまずの1631円、上場直後から人気に火が付き最高値は2000円近くを記録した。

しかしその後はズルズルと値を下げ、現在では1300円前後をウロウロ。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%83%b5%e6%94%bf%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

結局、公募価格を下回っており、過度なIPO人気があった事が伺える。

当然全く同じ状況になるとは思いませんが、1つのトレンドとして参考にします。

個人的上場後の流れ

1. 日本郵政公募組は上場後の上昇に期待
2. 初値は高騰
(今期はわりと重客へ配分が多かった)
(グレーマーケットで強気)
3. セカンダリー組は日本郵政で痛手
(高値への警戒感)
4. 初値天井

こんな流れを勝手に想像します。

総合的判断

基本的適正価格は2750円との考えは変わりません、ここをベースに考えると下値は2750円となりますが、今回はIPOと言う事で当然+αあり。

グレーマーケットが2850円の値を付けている事と、IPO人気の+αを加味すると下値は2900円

上値は2850円の+12.4%だと、初値は3203円ですが、個人的上場後の流れで考えるともう少し上積みがあるかも。

結果、当初初値予想より上ブレしますが、初値予想は2900円~3300円とします。

3300円付くと結構嬉しかったりしますね♪

現在参加中の高利回り投資!

最近高利回りの投資物件に参加しています。

基本的には担保が付いており安心案件ですが、100%信用した訳ではありません。

ただソーシャルレンディングは割と安心出来る部類だと判断し、3社に分けて分散投資中

どの会社も色があり、投資実績額は上昇中。

全案件不動産担保で安定のラッキーバンク 投資利回り年6%〜10%(税引前)
規模、利回り共に中堅クラス、バランスのとれた会社。

クラウドバンク  投資利回り年5%~7.5%(税引前)
ソーシャルレンディングの先駆け、利回りは劣るが安定感がある。

現在中止中投資利回り年7.00%〜14.10% (税引前)
これから実績を伸ばして行ける会社、キャンペーンも多く口座開設しておくのがベスト!

今のご時世、投資しない事がリスクとなります。

自分に合った投資方法を見つけましょう!

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ