いよいよJR九州のブックビルデイングも大詰め、残すところあとわずかです。

とりあえず私はブックビル終了と言う事で、後は運を天に任すのみ。

ただ、やっぱり初値は気になる所。

様々な角度から検討して、総合点で初値を導き出して行きます。

ずばりIPO JR九州の初値予想

各社配分

今回、JR九州の配分は、以下の通りとなっています。

%e5%89%b2%e5%bd%93

主幹事ですが、JPモルガン証券は意外と配分が少ないなと感じました。

野村證券はあまり当選期待出来ないので、三菱UFJモルガンスタンレー証券に期待したい所。

市場の状況

当然JR九州が上場する市場の状況は、重要なポイントになって来ます。

ここ半年間の値動きとしては、15,000円~18,500円程度のレンジを推移、良くも悪くも大きく値動きはしていません。

%e6%97%a5%e7%b5%8c%e5%b9%b3%e5%9d%87

直近の値動きとしては○

市場状況としては悪くはない、当日に大きく変わる可能性は否定できないが、現時点での雰囲気は問題ない。

IPOに力を入れてます、まだ口座数は少ない証券会社!安藤証券

仮条件上限で決定した場合の株価評価

PERと配当利回り

西日本旅客鉄道
配当利回り 2.12%
PER 11.4倍

東日本旅客鉄道
配当利回り 1.43%
PER 13.3倍

西日本鉄道
配当利回り 1.44%
PER 19.5倍

東海旅客鉄道
配当利回り 0.71%
PER 9.4倍

公募価格の正当性

平成28年3月度には鉄道・運輸機構からの借入金返済や、鉄道事業固定資産で約5203億円の損失計上を行っており、利益は赤字計上となっています。

しかし平成28年6月以降は黒字に戻る予定で、その後、経営は安的軌道に乗ると思われますね。

%ef%bd%8a%ef%bd%92%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e5%88%a9%e7%9b%8a

仮条件で決定するとして、予想されるPERは10.9倍、配当利回り2.8%となり、PERも類似企業と比較しても高くなく、配当利回りも優秀ではないでしょうか。

と言う事で、まだもう少し株価は高い評価が出来ると考えまず。

JR3社、上場時の初値

JR東日本
上場年月  1993年10月
公募価格38万円
初値 60万円
騰落率 +57.9%

JR西日本
上場年月 1996年10月
公募価格 35.7万円
初値 36万円
騰落率 +0.84%

JR東海
上場年月 1997年10月
公募価格 38万円
初値 38.5万円
騰落率 +1.31%

上場3社共に公募割れはしていません、以前の記事でも触れましたがJR西日本、 JR東海が上場した当時の市場環境はかなり厳しく、善戦した結果の公募割れ回避と考えます。

国策に売りなしの言葉は間違いないでしょう。

ジャパンディスプレイを対象に挙げられる場合もありますが、JR系列とジャパンディスプレイは全く別もんじゃないかな。

総合評価

上場時の初値を、市場環境や適正価格の面から総合的に判断すると、公募価格は初値の下限となると考えます。

後は上値がどこまで伸びるかですが、西日本旅客鉄道のPER 11.4倍を参考に考えると妥当価格は2750円辺り

ただ、IPO効果を考えると、2900円程度までは容認できる可能性もあり。

よって初値は、2700円~2900円を想定します。

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

GMOグループ上場時の当選確率が高い!!GMOクリック証券