業種はアドネットワーク等インターネット広告サービス事業、IPO人気のネット企業。

とは言え、ネットだから上がる時代は終わっています。

初値高騰にはネット+αが必要。

アイモバイルに+αはあるのか!?

公募株数 3,330,000株、売出株数 2,220,000株、OA 823,800株、合計6,373,800株と結構な枚数。

公募想定価格1240円で計算すると市場吸収額は79億円となり、マザーズではこなしきれない市場吸収額と判断。

何時もこの組み合わせが悩むのです。

人気業種だから何とかなるだろうと思う反面、この市場吸収額は難しいだろうとの思いの綱引きが始まります。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bd%88%ef%bd%90

IPOブログ村の評価

まだまだ初見ですが、個人的には積極的に参加する気にはなっていません。

今まで何度か人気ネット企業と言うだけで飛びついて、傷を負っているので慎重になっています。

そこで、何時もの自分を信じるレベルを下げ、ブログ村の意見も参考にしてみます。

Aさん C評価
Bさん ○評価
Cさん B評価
Dさん 中立評価

少しバラツキはありますが、やはりまだ皆さんお悩みの模様。

結局申込はどうする?

正直悩む銘柄、今の段階では積極的には行きません。

ただ、アイモバイルブックビル期間のマザーズ指数を参考にするのも1つの手、今からどうすると決めつけるよりも流動的にスタンスを変えた方が利口だと判断。

SBI証券なので、参加は間違いなくしますが申込枚数は10/11~10/17で考えるとしましょう。

現時点でのブックビル参加予定C

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク