直近のジャスダック上場ノムラシステムコーポレーションは、市場吸収額約5.3億円でしたがあまり振るわず公募価格+51%となりました。

しかし今回のキャピタル・アセット・プランニングは、市場吸収額約3.7億円と更に極小。

嫌でも期待は高まります。

企業情報

公募株数 160,000株
売出株数 0株
OA 24,000株
合計株数 184,000株
公募想定価格 1960円
仮条件 1,960~2,000円
市場吸収額 (最大)約3.68億円

売出0には好感が持てます、個人的に売出の無い会社は大好き。

ジャスダックとは言え市場吸収額が4億にも満たない。

主要株主

(同)フィンテックマネジメント 19.60%
特定有価証券信託受託者(株)SMBC信託銀行 15.02%
北山雅一 11.00%
投資事業組合オリックス6号 7.05%
インテック・アイティ2号投資事業有限責任組合 5.64%
イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合 4.58%
元気企業投資事業有限責任組合 3.53%
池銀キャピタルニュービジネスファンド3号投資事業有限責任組合 3.53%
とっとりチャレンジ応援ファンド投資事業有限責任組合 3.53%
里見努 2.40%

キャピタル・アセット・プランニングHP

ブログ村でS級IPO当選が多数!GMOクリック証券

総括

主幹事は野村證券、腰の据わった大口株主が多く、比較的初値も上がり易い傾向にある。

しかも今回は売出OA含めても2000単位も行かない希少性、当たる気は全くしません。

業績はやや右肩上がり、平成25年度は赤字に転落しましたが、現時点では黒字経営。

しかしG-FACTORYからは期間も空き、次のIPOは不人気KHネオケムとなっているので、セカンダリーの対象となり得る可能性は大。

売上利益の伸びについては微妙な感じ、業種としては面白身があるも、まだまだ未知数。

正直公募価格は妥当なラインと思いますが、上記に記載した通りセカンダリーのターゲットとなる可能性は十分。

片山侑加、北山敦之、北山敬子等の株主には90日間のロックアップが掛っているが、ベンチャーキャピタルに対いては90日間1.5倍のロックアップとなっており、ここに対しては注意が必要

1.5倍は超えて来ると思いますが、ベンチャーキャピタルの保有がかなり多い。

この価格帯を乗り越えれば大きく飛躍する可能性は大で、ノムラシステムコーポレーションの+51%は超えて来るはず。

初値予想 3,500~5,000円

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

GMOグループ上場時は当選期待大!!口座開設はココから↓