G-FACTORYとの名前からは想像出来ない飲食関連の経営サポート

G-○○と言えば、G-SHOCKしか出て来ないのは私だけ?

企業情報

上場市場 マザーズ
公募株数 150,000株
売出株数 69,000株
OA 32,800株
合計株数 251,800株
公募想定価格 3,080円
仮条件 3,080~3,240円
市場吸収額(最大) 約8.1億円

1単位32万円と値がさ株、1発当たれば大きなリターンが期待出来ます。

ただ公募・売出合わせて合計2190単位しか出回らず当選は非常に厳しい。

株主一覧

片平雅之 76.14%
SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合  5.03%
DBJキャピタル投資事業有限責任組合  5.03%
阪和興業(株) 3.35%
田口由香子 1.78%
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合1.68%
鎌仲順子 1.13%
リコーリース(株) 0.84%
山﨑俊也  0.54%
鈴木雅之 0.54%

総括

仮条件が上がり、市場吸収額も8億円台にのりましたが、まだまだマザーズでは十分吸収できる範囲。

売上利益を見てみると、なかなか調子よく上がっており業績の伸び代は感じます。

g-factor%e5%88%a9%e7%9b%8a

仮条件を上げて来ましたがPER的に割高感は感じません。

ブログに遊びに来て頂ける池ちゃんさんも、宇奈ととのうな丼を食べた事があるらしく、500円の値段にしては悪くないとの事。

ワンコインはサラリーマンには魅力です。

主な株主である田口由香子や阪和興業株式会社、リコーリース株式会社には180日間、ベンチャーキャピタルには1.5倍のロックアップが掛っている。

飲食関連と言う業種的に串カツ田中と同様、爆発する勢いはないと考えるので、ロックアップ解除上下が初値で想像されます。

初値予想 4600~5000円

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク