続々とIPO新規承認が続きます。

業種は名前の如く、インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業。

少し前かならかなり期待を持てましたが、最近はネットなら何でも上がると言う状況ではありません。

企業情報

上場市場 東証1.2
公募株数 4,000,000株
売出株数 2,320,000株
OA 948,000株
公募想定価格 1500円
市場吸収額 109億円

オークネット

株主一覧

フレックスコーポレーション(株) 40.83%
(株)オークネット 16.53%
(株)オリエントコーポレーション 12.54%
(株)ナマイ・アセットマネジメント 6.61%
藤崎清孝 4.34%
藤崎慎一郎 3.29%
藤崎真弘 3.18%
フレックス(株) 2.79%
オークネットグループ従業員持株会 1.36%
佐藤穂佳 1.32%

総評

業績的にも大きな伸びは見込めず、かといって悪くなるイメージも湧きません。

株主一覧を見てもベンチャーキャピタルは見当たらないし、公募を割ってはこないでしょう。

上場市場にもよりますが、東証1部なら積極的に申込をしても良いのでは?

現時点でのブックビル参加予定はCとします。

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ