こちらもデジタルアイデンティティに引けを取らなさそうな銘柄です。

人気の医療・介護分野に特化したクラウドサービス事業で、医療とネットのコラボは面白そう。

まずは気になる市場吸収額を計算。

公募株数54,000株
売出株数166,000株
OA33,000株
公募想定価格2,760円
市場吸収額 約7億円
上場市場 マザーズ

カナミックネットワークHP

似たような同業他社は多く、激戦になるのは必須、初値はネット+医療で人気化するでしょうが、長期で考えると厳しい展開が予想される。

1単位がまずまずネガサ銘柄となるので、更に枚数が少なく当選は容易ではありません。

しかもここの主幹事は一番相性の悪い野村証券、相性と言うかネット抽選者にとっては鬼門とも言える存在です。

まず当選は無理だと諦めつつ、わずかな可能性に賭けます。

ブックビル参加予定は期待のA

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク