本日ネットを見ていると、目を疑う記事が。

LINE仮条件変更!!

はっ?仮条件って決まって無かったっけ??

????

訳が解らず記事を読んでみると、なんとそのまま、2700~3200円の仮条件を2900~3300円に引き上げたのだ。

この決定で時価総額は上限になると200億円も増え、約6900億円となります。

公募株数35,000,000株+OA5,250,000株で上限決定となると、日本国内での市場吸収額は1288億円となる。

株主一覧
NAVER Corporation 87.27%
シン ジュンホ 5.12%
イ ヘジン 2.78%
イ ジュンホ 0.82%
パク イビン 0.05%
出澤剛 0.05%
舛田淳 0.05%
キム ソンフン 0.04%
ヤン ヒチャン 0.04%
コ ヨンス 0.04%

携帯
GMOグループ上場時の当選確率が高い!!GMOクリック証券

当然ながら株主は韓国勢、大株主にはNAVER Corporation(ここの株は購入していましたがLINE上場決定で売却済)、主な株主には180日のロックアップが掛っています。

しかし、安心出来ないのが、上場直後に行使出来る残高が大量に存在するストックオプション。

安い所で300円台と、売りに来ない理由はありません。

問題は日本国内だけではありません。

正直日本国内だけの上場であれば、積極的に参加したい案件ではあるが、どうもアメリカ上場読みづらい。

アメリカではホボ無名のLINEが良い初値を付けるとは思えない。

この2点の弱気材料と、アジア圏での圧倒的な知名度の綱引きです。

利益の伸びはまだ期待出来る銘柄だとは思うので、仮条件が上がったとは言え、まだ積極的参加スタンスは崩しません。

どのみち当選は結構難しいと思っています。

ずばり初値予想3500円

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ