早くもLINEより人気化するとの見方もあり、確かに国策企業に売りなしと、お金持ちの個人株主には人気があるかも解りません。

上場ゴールと言われかねない理由の1つとして、やはり本業の鉄道事業で赤字を出してしまっていること。

2009年3月~2015年3月期まで鉄道事業は常に赤字だったが、期待の鹿児島ルートが開業後は営業収益が前期比で20.3%も拡大している。

以前の記事でも書きましたが、鉄道事業は赤字でもその他不動産事業で利益を出しています。

まあ確かに本業赤字なのは頂けませんが、鉄道会社が不動産事業で利益を出すのは良くある事。

今回の九州新幹線開業でも、きっと駅前不動産部門で大きく利益を出す事でしょう。

電車2

ただ今年の熊本震災がどれだけJR九州に影響を与えているのかは未知数、その辺りがハッキリしないと積極的な購入は難しいかも。

となると、仮条件次第での参戦となってきますね。

今回の震災の絡みもあり、是非とも上場を成功させ、九州に勢いを付けて欲しいです。

JR九州の時価総額は5000億円程度となる見込み、まだ申請段階ですがほぼ間違いなく承認されるでしょう。

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク