私が株に興味を持った理由は2つ、1つ目はかなり昔の話になりますが任天堂がバブル絶頂期の頃の話です。

私が小学生の当時、任天堂はまだ花札やカード等を売っている会社でした。

そんな任天堂の転機となったのがご存知ファミコンの販売開始。

小学生なので株価の事は知りませんが、きっと株価はどんどん上がっていたのでしょう。

バブル期に新聞を読んだ時に、任天堂の社員が自社株100万円購入して1億円を超える額となって退社したとの記事を読んだ事を覚えています。

当時は純粋に株って凄いな~って思って興味を持ったのが1つ目の理由。

ハート
ブログ村でS級IPO当選が多数!GMOクリック証券

2つ目は何と言ってもYahooの上場

Yahooの上場時は1997年、売上高は4億1300万円、経常利益は5000万円とまだまだ小さな会社でした。

公募価格は70万円でしたから、市場吸収額は6億4000万円となり、かなり小粒なベンチャー企業と言った所でしょう。

私も当然Yahooの事は知っていましたが、まだまだネットが一般的に認知されていない時代、とても未来があるようには思っていませんでした。

しかし蓋を開けて見ると初値は200万で、中々の人気度合い。

いや、初値が3倍弱になるのは良いのですが、その後のぶっ飛び方がとんでもない。

これは私の曖昧な記憶なのですが、連日のストップ高で1億円まで株価が上がった様な。

現在の株価は496円、上場時は200万円、とんでもなく下がってるのでは?

いやいやとんでもない。

上場してからの株式分割の数がとんでもない、1:2の分割を13回、1:100の分割を1回行っており、上場時から保有していると現時点で819,200株を保有している計算になる。

となると496円×819,200株=406323200円、何と4億越えの資産保有となっています。

もし、もし、当時お金があってYahoo株を買えていたなら。

そんな妄想をしつつ、第二のYahoo株を新規公開株で探し続けています。

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ