3月のIPO新規承認ラッシュも終わり、4月は寂しい事になって来ていますね。

終わってしまうと前評判通りのアグレ都市デザイン高騰と、意外に大健闘したLITALICOでした。

しかし一番意外高となったのは昭和薬品。

公募価格は1,350円だったが、初値は2,001円と騰落率は+48.22%と大健闘、ここまでは想定出来うる範囲だか意外だったのはその後。

初値が2001円を付けた翌日からも順調に値を上げ、何と高値は4,385円をタッチしている。

昭和薬品チャート
三菱UFJグループからのIPO委託あり!!口座開設はココから↓

正直上場規模が小さい事だけが売りだと思っていましたが、実はもっと奥深い所で騰がる要素があったのです。

実はなんと、昭栄薬品は超割安物件だったのだ。

公募価格時点での上場時価総額は15.5億円だったのに、何と純資産は約50億円、とんでもなく割安物件。

しかもその資産のほとんどが他社の株を保有していた為に、情報を握る投資家が買い漁ったとの事。

何処でそんな情報を仕入れているのか、やはり株は情報戦、情報弱者に勝ち目はありませんね。

実に悔しいですがそれも受け入れつつ投資をして行きます。

アカツキも公募割れはしたものの、その後は急騰していますからIPOした銘柄は初値だけが全てじゃないと言う事ですね。

私も極秘情報を入手出来る人間になりたいものです。

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ