チラホラ見かけるクラウドバンクについて調べて見た、基本的には自分で投資しないと嫌なタイプなのですがこれだけ流行り出すと気になるもの。

今まであまり聞きなれない言葉ソーシャルレンディングやクラウドバンク、一体どんな投資法なのでしょう。

しかし日本ではまだまだマイナーなこの投資法も、実は世界的には目新しい投資法では無いのです。

今までは銀行などの金融機関が一般預金者から預金を集め(現時点では0.01%等のとんでもない低金利)、好利回り案件に投資をして利益を出していました。

しかし今までは日本で個人がこの投資法を行う事は難しい状況でした。

そこで個人でも優良案件に対して投資を可能にしたのがクラウドバンクです。

ネットで個人から資金を募り小口資金を集約しファンドを組成し、クラウドバンクから直接投資を行う事で得た利益を配分します。

リートと同じ性質を持っているとも言えますね、違いは配当が固定かどうかと、価格の変動が無い所と言った所でしょうか。

ビル

投資先には募集目標金額があり、目標に満たない場合でも、各商品毎に設定された「最低成立金額」を上回る投資があった場合は予定通り運用がスタートします。

人気の投資先は結構早く締め切りになってしまいます。

多くのファンドは5%以上の高利回りを期待出来、期間も6ヶ月~、資金も1万円~と、お手軽に始める事が可能。

非常に銀行定期の低金利時代には、とても有効な投資先の1つと言えるでしょう。

ただ絶対に破綻がないとは言えないので元本保証はありません、しかし元本を超える損失も発生しませんし「保証有」「担保有」の商品もありますのでそこは安心です。

纏め
1. 投資資金は1万円からと手軽
2. 投資期間は6カ月から
3. 年利5%以上の商品が多い
4. 元本保証ではないが、「保証有」「担保有」の商品もあり
5. 小口投資家から資金を集めファンド化

今の所、破綻との記事は見かけていないので、銀行の超低金利で預けるのは馬鹿らしい、FXや株は敷居が高いと言う人には丁度良い投資法だと考えます。

とりあえず口座開設してみた

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ