2005年からIPOを初めて早10年、2015年は何とか数本のIPOを確保出来ましたが、正直SBI証券頼みだった感は否めません。

日本郵政以降、かなりIPO目的の口座開設が相次ぎ、競争率は劇的に高くなっています。

今まで通りにブックビル申込を行っていても、2016年度の当選率は恐らく大きく下がってしまう事でしょう。

そこで何とかIPOの当選を確保すべく、対策を検討して行かなければなりません。

何点か自分で対応策を考えていきたいと思います。

考える

1. 暫く疎遠にしていた証券会社店頭に電話してみる
今までかなり連絡等をしていなかったので、担当者が変更になっているはず、今更連絡しても中々難しいでしょう。
一度チャレンジして、新しい担当と相性が良さそうなら久し振りに付き合いをしてみます。

2. IPO用の資金を充足
極力他の投資も検討して行きたいのでIPOへの資金を減らす予定でした。
ただSBI証券での当選を目指すのであれば、間違いなく資金勝負になるのは仕方ない事、家のローンも終わるので貯蓄切り崩してIPOへの資金に充てて行きます。

3. 申込の手間を惜しまない
プラチナIPOの場合、正直主幹事以外の当選は絶望的、まず当たる事はないでしょう。
ただこの手間を惜しむと0.001%の可能性も消えてしまうので、頑張って申込を行います。

4. 資金移動は迅速に
最近資金に若干余裕が出来て来たので、ついついブックビルの無い証券会社にも資金を置いておく癖が付いてしまいました。
その資金は随時移動させ、SBI証券に資金集中させたいと思います。

こんな感じで今年はIPO獲得の為に自分で決めて実施して行きたい、今年も5本程度は頂きたいがどうなる事やら。

皆さんも頑張りましょう!!

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

昨年IPO6銘柄当選させて頂いています!