年も明けてまだまだIPO情報も出て来ないので、今までのIPO当選を見直してみました。

流石に10年もIPOをしていると結構な数が当選しています。

しかし思いの外、高額当選している数が少ないのに気が付きました。

がっかり

本当は利益が100万円以上の高額当選をと思ったのですが、何とも数が少なすぎて急遽50万円以上に変更。

それでも思った以上に本数は少なかった。

上場月 銘柄 公募価格 初値 利益
2005年11月 シニアコミ 470000 1090000 620000
2006年1月 G・F・A 280000 1290000 1010000
2006年3月 比較.com 450000 2700000 2250000
2006年12月 パイプドビッツ 210000 800000 590000
2014年6月 フリークアウト 200000 700000 500000
2014年7月 イグニス 190000 840000 650000
2015年2月 シリコンスタジオ 490000 990000 500000

やはり私がIPOを始めた2005年、2006年は数本ありましたが、その後はぱたっと高額当選が途絶えています。

よく言うIPO氷河期に突入してからは、全く高額当選が出ていません、当然年間利益も微々たるものの年もあり、よく継続して続けて来たなと自分でも感心。

そして、またここ数年のIPO人気に預かり2014年・2015年と続けて50万円超の利益を出す銘柄を頂きました。

やはり比較コムは別格です、この時代は公募価格1単位が100万超えの銘柄もあり、実に夢のある楽しい時でした。

私も仕事はそんなに忙しくも無く、非常に充実して株の勉強や色んな事に打ち込めたものです。

ふと懐かしく振り返るタケでしたヾ(´▽`*;)

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

IPOに力を入れてます、まだ口座数は少ない証券会社!安藤証券