つい先日、株主優待で獲得した優待券をオークションに掛けました。

普段はヤフーオークションでの出品が多かったのですが、手数料改正を受け最近は楽天オークションへ変更しつつあります。

ただ楽天オークションは落札者優位な取引体系なんですよね。

ヤフーオークションの場合は入金を確認してからの商品発送なので、出品側のこちらとしては安心して商品の発送が出来るんです。

しかし楽天オークションの場合は、楽天に落札者が入金し、楽天サイドでお金を一時預かり、その通知を受け発送し、落札者に商品到着後に確認ボタンを押せばやっと出品者へ出金と言う流れになります。

最初、楽天オークションは、なんて安心なシステムなんだろうと思ってたのですが、先日ちょっとしたトラブルがあり少し心配になって来ました。

心配
株主優待もIPOも出来る証券会社カブドットコム証券

そのトラブルと言うのは、落札者が配送先の住所を指定間違え(システムトラブルの可能性もあり)、配送出来ずに商品が返却されてしまいました。

この場合再配達費用はどちらが持つべきでしょう?

私は間違えた方が持つべきだと思うのですが、楽天オークションは配送期限も決まっており、取引相手も自分が払う等の発言も無かったので仕方なく再配送しました。

本来は着払いの提案や、配送料を振り込んでくれるように折衝すべきなのですが、配送期限の壁でごちゃごちゃ言っている内に期限が来るので、落札者の方がキャンセルしましょうかと言って来ました。

キャンセルとなると、こちらとしては配送代だけ払って取引未成立となり、何だか損した気分、また出品から始めるとなると面倒なので仕方なしの再配送。

ヤフーオークションなら期限もないし、自分の意見も言えたのですが、何だかしっくり来ませんでした。

今まであまりトラブルなんてなかったので、やはりネットオークションは若干のリスクはあるんだと再認識した取引でした。

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ