最近は寒い日が続きますが、新興IPOは暑い日が続いております。

23日上場のGMOメディアは+101%、27日上場のパートナーエージェントは+217%、28日上場のバルニバービは+130%と、連日小型IPO上場で大盛況。

このお祭りに参加出来ないのが残念ですが、IPOが盛り上がる事は大いに結構。

そんな中、また人気マザーズに小型案件が新規承認されました。

主幹事はSMBC日興証券で、市場はマザーズで企業名は鎌倉新書!!

何だそりゃ??

公募想定価格は920円で1単位は9.2万円となり、仮条件上限に決まれば市場吸収額は約5.3億円と中々の小粒IPOとなりますね。

鎌倉新書HP

早速事業内容を見て見ると、供養関連(葬祭・仏壇・お墓)の出版社として雑誌や書籍を発刊しており、供養関連の情報やノウハウを、書籍だけでなくポータルサイト運営やセミナーの実施などを通じてサポートを行う。

ん~、葬儀事業ですか。

今後は需要がありそうですがIPO的に爆発人気は期待できない業種ですが、全てはこの極小市場吸収額がカバーしてくれるでしょう。

それに市場の勢いがある状態の今なら、イケイケでも問題ないと思います。

ただ上場当日までの保証は全くありませんが。

現時点でのブックビル参加予定はAと言った所、とにかく何でもいいから小粒案件が欲しいですねぇ。

他の IPO情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村