やっととIPO空白期も抜け、AppBankのブックビルが始まりました。

最近IPO新規承認も少なく、ブックビルもしてなかつたので忘れそうでしたわ。

S級IPOが無いのが残念ですが、年末にかけて有力銘柄が出て来てくれると嬉しいな。

ではAppBankの企業状況を確認していきましょう。

企業名 AppBank
コード 6177
市場 マザーズ
公募株数 178.000株
売出株数 1.114.000株
OA 193.800株
仮条件 1140円~1200円
市場吸収額 約17.8億円(仮条件上限)
主幹事 野村證券
幹事 みずほ証券・SMBC日興証券・いちよし証券・東海東京証券・東洋証券・エース証券・高木証券・マネックス証券

主な株主一覧
宮下泰明 21.54%
村井智建 21.54%
GaiaX Global Marketing & Ventures Pte.Ltd. 17.86%
ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合 15.67%
廣瀬光伸 10.77%
AppBank(株) 4.94%
松浦広充 4.23%
古見幸生 0.98%
脇俊済 0.78%
高橋亮 0.31%

企業解析
業種内容はネットゲーム関連で成長性には期待が高い、利益の伸びもとんでもなく高い。

ライバル企業も多いが爆発的な伸びが期待出来る企業でもある。

AppBank利益

公募価格は妥当な価格となっているが、業種的にはまだ上値余地がある。

ベンチャーキャピタル1社に対しては90日1.5倍のロックアップ、他の株主とベンチャーキャピタル1社に対しては180日のロックアップが掛っている。

ストックオプションは行使期間に入っておらず、トータル的に需要面で安心感はある。

市場吸収額は17.8億円となっており、若干重荷感はあるものの久し振りのIPOなのである程度資金は集まるでしょう。

AppBankグラフブックビル参加

成長率 吸収額 環境 需要 業種 他要素 総合
5 3 4 5 5 4 26

初値予想1900円~3000円
ブックビル参加予定 

他のIPOブログ情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村