アメリカの格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が9月16日にまた日本の国債の格下げを行った。

現行AAマイナスからAプラスへと1段階引き下げになりました。

安部政権のアベノミクスに対して評価が出来ない点と、デフレ脱却や経済成長をめざしているものの今後2~3年で好転へ向かう可能性は極めて低いと判断された様です。

S&Pの格付けは、国の借金返済能力より判断したもので、S&Pが日本国債の格付けを下げるのは2011年1月以来、4年8カ月ぶりの格下げとなる。

廃墟

Aプラスなら上位なので大丈夫じゃない?一瞬そう思ったがとんでもない、S&Pの格付けは21段階ありAプラスは上から5番目。

中国や韓国はAAマイナスとなっており、失礼な発言かも解りませんが中国・韓国より評価が低く、アイルランドと同じ水準となっています。

まあ、冷静に考えると残念ですが、国力とは関係なく国の財務状態で評価すると当然の評価だとは思います。

今の日本の財務状態はとても安定的だとは言えません、何時破綻が起きてもおかしくない状態なのですが、日本が経済大国で世界がそれを許しはしないでしょう。

しかしそれに甘えていると、破綻への階段を登りつめ、何時かは間違いなくその時が来るでしょう。

他の IPO情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村