初見から気になっていたアイリッジですが、詳しく見れば見るほど気になる銘柄。

スマホ関連で、IPOとして業種的に非常に魅力的。

市場吸収額から考えてもぶっ飛ぶ可能性は大!!

IPO新規公開株
企業名 アイリッジ
コード 3917
市場 マザーズ
公募株数 250.000株
売出株数 80.000株
OA 49.500株
ブックビル申込期間 6月30日~7月6日
公募想定価格 1150円
市場吸収額 約4.4億円
主幹事 野村證券
幹事一覧 みずほ証券・大和証券・SBI証券・エース証券・マネックス証券・岩井コスモ証券・極東証券・東海東京証券

S級銘柄の幹事実績あり、早めの開設必須!GMOクリック証券

主株主名
小田健太郎 47.85%
(株)DGインキュベーション 18.78%
みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合 8.83%
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合 5.52%
(株)エヌ・ティ・ティ・データ 4.79%
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合 1.94%
黒瀬翼 1.73%
英一樹 1.44%
植木基博 1.25%
吉永聰志 1.14%

IPO初値予想
PER的に考えてもまだまだ上値を狙える価格帯、この業種で有ればこの辺りはほぼ無視した展開となるでしょう。

売上も利用者数の増加に伴い、大きく伸びています。

利用者数

アイリッジ売上

ベンチャーキャピタルに対しては90日1.5倍のロックアップ、他関係株主には90日のロックアップが掛っています。

当然1.5倍は軽く超えて来るでしょうから、ベンチャーキャピタルは売り圧力に繋がるでしょうね。

ただ、ストックオプションの行使可能期間に入っておらず、ベンチャーキャピタルの保有は約10万株弱なので、需要面に大きな影響はないと考えています。

となると、アイリッジが爆上げしない理由はない、ここが上がらなきゃIPOは終わった感じ。

平山の時も書きましたが、唯一の懸念材料は連続IPOによる買い疲れ位でしょう。

アイリッジグラフブックビル参加

成長率 吸収額 環境 需要 業種 他要素 総合
5 6 4 5 5 4 29

IPO初値予想 3000円~5000円
ブックビル参加予定 S

他の IPO情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村