来月7月にトヨタ自動車が新型種類株「AA型種類株式」の発行を行う事を決定しました。

株式投資する人にはあまり魅力は無いのかも知れませんが、国債や社債などにも興味がある人にとっては美味しい商品なのではないでしょうか。

私が見た所では普通株と債券、両方のいい所を取った商品ではないでしょうか。

この新型種類株の特徴を簡単に纏めて行きましょう。

トヨタ新型種類株の特徴
1.5年間は譲渡や換金が出来ない。
2.5年経過後は普通債への転換か、発行時の価格でトヨタに買い取ってもらえる。
3.5年後そのまま保有可能。
4.配当が支払われる、初年度は0.5%次年度1%と0.5%ずつ上がり5年後の2.5%まで上昇すれば固定となる。
5. 発行時の株価126%~130%で販売予定
6.一口100株単位

現時点でトヨタの株価は8000円台なので10400円位の価格になりそうです、この株価に5年後なるかどうかの判断も購入に際しての判断材料になります。

トヨタチャート

口座数が少なく当選チャンス大!!IPOに力を入れてます安藤証券

見る限りでは大きなリスクは存在せず社債よりも有利、このまま低金利状態が継続されるのであれば平均金利1.5%も悪くない数字ではないでしょうか。

リスク
5年間の流通なし
トヨタの倒産で返済なし
今後の金利上昇による金利2.5%の妥当性
発行時の株価126%~130%での設定

メリット
元本保証(5年でトヨタの倒産は考えにくい)
金利上昇なければ平均1.5%の年利
5年後に普通株へ転換可能
5年後に株価が126%~130%以下でも、トヨタが販売価格で買い取りしてくれる

購入した場合の5年後の対応
1. トヨタ株が値上がりしていれば、普通株へ転換して売却
2. トヨタ株が値下がりしていれば、元本で売却
3. 配当2.5%を貰いながらの長期保有。
以上の3つの対応でしょう、どれも大きく損はないと思います。

トヨタ新型種類株は何時何処で買えるのか
野村證券の店頭で購入できるみたいですね。

発行価格等決定日は平成27年7月2日~7月7日で普通取引の終値に126%~130%を仮条件として決定。

店頭でしか買えないのが面倒ですね、ただ5年間換金できないのがリスクで機関投資家からは人気無さそうですが一般投資家には人気化するのではないでしょうか。

早く申込しないと無くなりそうな案件ですね、資金に余裕があれば購入しておきたい案件です。

ポチッと応援お願いしますにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村