久し振りのアンビシャス銘柄、気になるのは初値がどう動くかって所です。

以前の記事にも書きましたが、前回アンビシャスに上場北の達人コーポレーションの初値は残念ながら公募価格1100円に対して-15%の935円となってしまいました。

こちらも市場吸収額 2.2億円と小粒でしたがベンチャーキャピタル保有分などで需要が不安視されていました。

さて今回は業種内容よりも需要面を重点的に調べて行きたいと思います。

企業名 エコノス
市場 アンビシャス
公募株数 100.000株
売出株数 60.000株
OA 24.000株
市場吸収額 1.1億円
仮条件 550円~600円
主幹事 岡三証券
幹事 SBI証券・上光証券・SMBCフレンド・日本アジア証券・エース証券

エコノス

口座数が少なく当選チャンス大!!安藤証券

株主一覧
長谷川勝也 29.01%
石澤淳一 11.97%
道銀どさんこ2号投資事業有限責任組合 7.81%
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合 5.49%
尾西利子 5.27%
だいし経営コンサルティング(株) 4.69%
従業員持株会 3.90%
(株)ハードオフコーポレーション 3.25%
ブックオフコーポレーション(株) 3.25%
投資事業組合オリックス10号 3.12%

IPOとしての考察
アンビシャスなんで当然、北海道をメインとして事業を展開。
業績は下のグラフの通り。

エコノス利益

まだ上場するにはちと早いのではと思ってしまいますが、アンビシャスでの新規公開株なら許されるのか?

まあそれは置いておいて、需要面での確認をしてみましょう。

ロックアップについては概ね掛っていますが(90日、180日、1.5倍等の条件あり)、ロックアップが掛っていないベンチャーキャピタルもあり。

更に気になるのは未行使のストックオプションが多く存在している事。

業況的には北の達人コーポレーションに似ている気もします。

となると公募割れの危険性は極めて高い!!

ただ、参加者次第ではぶっ飛ぶ可能性もあり、個人の意見では参加は勧めません。

でも私は参加します。

何故なら割れても知れてるから、そして当たらないだろうし!

初値予想 500円~1500円

ブックビル参加予定 B

他のIPOブログ情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村