続々とIPOが新規承認されて来ました、しかし気になるのはその上場企業内容。

会社がダメだと言ってるのではなく、IPOとして面白身にかける企業が多いって意味で、企業バッシングではございませんww

先日承認追加となった3社を、簡単に見て行きましょう。

確認

冨士ダイス(鉄)
上場予定は東証2部予定、超硬合金を主体とした耐摩耗工具や金型などを製造販売。
日本技術根底の会社で安定企業と言えるでしょう。
しかし今回のIPOでは売出のみとイメージが悪い、今後大きく発展させようと言う気は無いのでしょうかね。

メニコン(銅)
わざわざ説明しなくてもほとんどの人はご存知でしょう、コンタクトレンズの販売企業。
コンタクトと言えばメニコンって位の知名度ではないでしょうか。
IPO上場予定は東証、しかしまだ1部か2部は決定していません。
1部上場となると少し期待感は増しますね

ファンデリー(ダイヤ)
食品メーカーや健康家電メーカー・製薬メーカーなどの企業向けにマーケティング支援を行っている会社。
ホームページを見ましたが、一瞬誰かのブログかと思ってしまいました。
まだまだ発展途上の企業と言う感じが否めません。
しかしこの3社の中ではやはりキラリと光るIPO。
まあ毎度の事ですが初値高騰には色んな要素が絡んで来ますから、低単位ではありますがとりあえずここを取れるように頑張りたい。
ダイヤといってもS級銘柄とまでは言えませんね。

S級銘柄の幹事実績あり、早めの開設必須!GMOクリック証券

雑感
チョロチョロとIPOが新規承認されますが、これと言ったS級IPOは出て来ませんね。
ある程度取れる可能性があるのが新規承認されないとイマイチテンションも上がりません。
前回の当選はレントラックスですから、次はS級目指してブックビルに勤しみます。

他の6月IPO情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村