ゴールデンウィークも明け、先日紹介したヘリオス含め4社が新規承認となりました。

ゴールデンウィーク明け1発目の新規公開株は盛り上がるので、それに見合った銘柄に期待したのですがヘリオスでは若干残念感が漂っています。

週明けにまた新規承認されるかもしれませんが、IPブックビルの方向性もある程度決めたいので、簡単にですが見て行きたいと思います。

ヘリオス
少し前は人気だったIPS細胞等を用いた再生医療バイオ関連IPO。
今は落ち着いてしまったバイオ関連、しかも2015年3月期の連結経常損益をリプロセルが予想1億8800万円の赤字から4億5600万円へと下方修正。
そしてマザーズでは吸収厳しいと思われる、市場吸収額180億円となり厳しい展開が予想されます。

ブックビル参加予定 

スマートバリュー
上場日は6月16日、スマートバリュー、ヘリオスの2社でなぜ同じ日に上場しちゃいますかね。
同時上場とは言っても、スマートバリュー1社で人気集中となるでしょう。
業績的にはあまり期待できないですが、市場吸収額はジャスダックで約6億円かつ、IPOで人気のクラウド関連プラスIPO空白期でセカン対象となり、それなりに人気化しそうな気がします。

ブックビル参加予定 

建物Ⅱ

マーケットエンタープライズ
こちらはマザーズで市場吸収額約7億円、ネット系リユース品の取り扱い事業。
ネットに特化しており、なかなか面白い事業形態ではないでしょうか。
スマートバリューとマーケットエンタープライズ、どちらが人気化するのか判断が難しい所。
強弱付けるならマーケットエンタープライズ有利か

ブックビル参加予定 A+

デジタル・インフォメーション・テクノロジー
市場はジャスダックで、吸収額は約7億円とこちらも需要面では期待出来ます。
システム関連銘柄でIPOとしては人気銘柄とは言えないが、堅調な業績を考えるとそれなりの初値を付けるのでは。
市場吸収額が小さいのも後押しあるとして、ブックビルは積極的に参加したい。

ブックビル参加予定 

他のIPOブログ情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村