名実ともに日本ナンバーワンの証券会社が野村証券。

はっきり言って、私なんかの弱小投資家には目もくれません。

億単位の資産家じゃあないとお客じゃ無いとの噂もチラホラ(本当の所は知りませんが)。

勿論大口顧客最優先で主幹事を務める数に対して、一般顧客へのIPO抽選での当選率は疑いたくなるほど低い。

野村證券ホーム

この辺の真偽は確認しようがないのですが、自身の経験上当選は非常に難しい。

IPOを申込するのに資金が不要と言う所が最大のポイントで、そこは非常に評価出来ます。

ただそれが当選しにくい原因にもなっているかも。

<野村証券の特徴>
・大手証券会社の一角、主幹事が多い。
・ネット口座は野村ネット&コールと野村ホームトレードがある。
・IPO申込に前受金は不要。

<IPOブックビルディングの流れ>
1.ブックビル申込期間中にブックビルの参加申込を行う
2.当選すれば購入申込

<抽選方法>
ネットに配分された公募株は機械的完全平等抽選。

<申込時の資金必要状況>
ブックビル申込み時に買付余力が必要ありません、当選した場合は購入資金として公募価格金額が必要、補欠申込時も同様。

<総評>
過去には野村ネット&コールと野村ホームトレードの両方から申込、当選率は2倍となっていましたが、最近は名寄せを行う事でどちらか一方のIPO申込が有効となっています。
冒頭でも記載しましたが、なかなか当選しないので気長な対応が必要です。

参考になればポチッと応援お願いしますにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村