なんとビックリ、公募価格の仮条件を下げて来ました

公募想定価格1980円だったのですが、仮条件は1,630~1,750円に決定しました。

仮条件上限で決まったとして-11.7%のプライスダウン、そんなに機関から人気無かったのだろうか?

今までネット企業IPOで仮条件を下げて来るなんてあっただろうか?

ともかく状況から確認して行きましょう。

企業情報
コード 6045
市場 マザーズ
公募株数 369.000株
売出株数 0株
仮条件 1630円~1750円
市場吸収額 7.4億(上限決定時)

主幹事
SBI証券

幹事
SMBC日興証券・藍澤證券・岩井コスモ証券・エース証券・極東証券・東海東京証券・東洋証券・マネックス証券

株主
金子英司 65.49%
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合 13.59%
投資事業組合オリックス11号 8.91%
椙尾幸介 2.23%
横山早苗 2.00%
ジャフコV2-W投資事業有限責任組合 1.34%
山本賢志 1.11%
細井雅美 0.89%
山﨑大輔 0.89%
福田秀樹 0.89%

レントラックス

ブログ村でプラチナIPO当選多数 GMOクリック証券

IPO初値予想

人気ネットIPOで仮条件を下げて来るなんて、何かあったんじゃないかと勘ぐってしまいます。

やっぱりgumiですか?

機関が敬遠してるのか、主幹事の配慮なのか、それとも偽装上場の前触れか。

通常ならあり得ない仮条件の決定で、色んな憶測が飛び交いますが、まあ普通に考えたらそれなりの初値は行くでしょう。

ベンチャーキャピタルも結構な株数を持っていますが、珍しくロックアップは掛っていません。

まあロックアップが掛っていても、公募価格の1.5倍なんてすぐクリアしちゃうんで関係ないですけどね。

基本的には初値予想は変わらず強気、ブックビル参加予定も据え置きです。

初値予想 2500円~4000円

ブックビル参加予定 A

他の新規公開株情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村