新規公開株の買い方ですが、まず一番有効な買い方は、勿論公募株を買う事。

2014年の新規公開株で、もし公募で買う事が出来たなら

爆上新規公開株

エクストリーム
公募価格1400円 初値5550円 初値売利益41.5万円
メディカルデータービジョン
公募価格5180円 初値12220円 初値売利益70.4万円
GMOTECH
公募価格5800円 初値13640円 初値売利益78.4万円
CRIミドルウェア
公募価格2400円 初値13500円 初値売利益111万円

軽く上げただけでこんなに利益が出ております。

ただ簡単に新規公開株の買い方と言っても簡単には当たりませんし、勿論公募割れで損失を出した銘柄もあります。

新規公開株、始めるならGMOクリック証券は必須口座

公募割れ新規公開株

リボミック
公募価格 2300円 初値1830円 損失5万円
丸和運輸
公募価格3400円 初値3100円 損失3万円

な~んだ、損を出すより全然利益が出てる方が多い、こりゃ簡単に儲かるな。

そう思った方はご注意を!

確かに新規公開株は圧倒的に利益が出る銘柄の方が多いです、しかし当然ですが儲かる新規公開株はなかなか公募では買えません。

それに対して、損失を出すダメダメ銘柄ほど簡単に、しかも恐ろしい事に複数単位貰っちゃう事が多々あります。

そうなると1単位では数万円でも、10単位とか当選しちゃうと、とんでもない金額の損失となっちゃいますね。

新規公開株の有効な買い方

ともかくまずは損を出さない、徹底して不人気銘柄を避けて新規公開株の抽選に申し込む事。

簡単には証券会社に申込をするんですが、ブログ内に記事があるので。

損をしないための新規公開株の買い方や銘柄選別方法はコチラ