新規公開株にも影響?追加金融緩和はあるのか。

日銀が金融緩和に踏み込んだ後、円/$は1$109円から120円まで下落しており7年ぶりの円安水準となっている。

黒田バズーカー2を受け大きく反応し、日経平均が17935円まで上昇した日本市場ですが、今月に入って日銀が物価上昇率見通しを引き下げて来た。

現時点での物価上昇は1%手前で、27年度期間に2%を達成するのは難しくなってきており、市場からはもう一段の景気対策を望む声が出ています。

今の所円安で輸出企業にとっては非常に有利に働いており、海外からの観光客は1300万人を突破しており観光業も潤っている。

このまま日経平均が伸びて行けば、新規公開株にも良い影響は出て来るでしょう。

S級銘柄の幹事実績あり、早めの開設必須!GMOクリック証券

円安と原油安

ただ一般的には円安による輸入材料の高騰で、一般的な食材や日常用品は徐々に値段を上げて来ている。

どうも黒田総裁にとっての誤算は、原油が予想以上に安くなっているのが悩みの種らしく、今後も原油安が進行すると更に物価上昇が抑制されるとの事。

別に原油が上がって物価が上昇しても、全く日本としてメリットなんて無いんじゃない?

単純に物価は上がるんですが、海外にお金が逃げていくだけではないでしょうか。

円安は基本的には日本が信用できない、国としての資産が目減りしているとも言えますので、大手を振って喜べる事でも無いですけどね。

このまま物価上昇が難しければ、3発目の黒田バズーカーあるかも。

FXにも取り組みたいし、株もしたい、他にもチャレンジしたい事が一杯です。

ポチッと応援お願いします  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ