2006年の6月20日、なんとまたしても誤発注が発生。

今度は立花証券、某会社の株と間違ってなんとアドウエイズの株を2600株を指値1670円で売り注文、当時でも値がさだったアドウエイズだったので1670円なんかで指したら成行きと同じです。

(なんとアドウエイズは公募価格1単位で1,400,000円、当時は今の100単位と違い1単位もあり1単位がトレードし易いと人気でしたね)

ジェイコム誤発注があったばかりなのに、やっちゃいました立花証券!!

結局初値は1470000円と公募価格なんとたったのプラス70000円、この銘柄だと最低でも500000円の利益は見えてた銘柄です。

当然ジェイコム誤発注の後だったので、知り合いでも誤発注狙いで買い並んでいた人もおり、IPOに当選もしていないのに誤発注ご利益で利益を上げている人も沢山いました。

S級銘柄の幹事実績あり、早めの開設必須!GMOクリック証券

ここで学んだ事は、IPO 新規公開株当選して公募を掴んだ際は初値売りするにしても指値で売るんだと自分の教訓としています。

今は流石に誤発注聞きませんが、万一の事を考えるのとやはり成売りは危険です、板にも出るので初値にも影響します。

皆さんもお考え下さい。

当然、当日翌日の値動きは想像通りの値動きとなりました。

あとこの年の目玉は、私がIPOをやっていて最も利益を叩き出した比較コムの当選です、ここ1つで2250000円の利益ですから、いまではまず考えられません。

他にもミクシイなどの超有望企業が新規公開株で上場しており、なんともIPOゲッターには素晴らしい一年でした。

当時のサラリーマン年収以上の収益を上げ、本当に会社を辞めようかと思った位です(2年後のIPO氷河期で、辞めずに良かったと思いましたがww)

しかし、良い事だけではありません、メンバーズ 290000×2の580000円で公募獲得し175000円×2の350000円の初値となりマイナス230000円の初めての大火傷を負った銘柄もありました。

てな感じの、良くも悪くも色々と学び利益の出せた2006年、なんとこの年は188社のIPO・新規公開株での上場があった年でした。

他の IPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ