11月26日のロイターによると日本郵政の上場予定が遅れることになるそうです。

日本郵政の西室社長によると26日の定例会見で、今回のアベノミクス解散の影響で上場が遅れる事になる可能性があると発言したみたいですね。

西村社長談
『大臣も含め全員の見直しが行われ当然郵政の上場審査・検討の担当も変わる可能性があり遅れることは間違いない、検討は具体的に1月にずれ込むだろう。上場時期は消費税の絡みもあり来年の夏以降の可能性が。』と見解を述べたらしい。

IPO取扱い開始!早めの口座開設が必須!

同じ時期の上場は止めてね!!

期待していたLINEも上場延長になってしまったし、同じ時期に日本郵政も上場なんて事は勘弁願います。

LINEだけでも2兆円規模になるだろうし、日本郵政だと4兆円近くになっちゃうんじゃないですか?

2社合わせると6兆円のとんでもない金額になります、東証の1日の売買額が2兆円程度と考えてもとてもこなせる規模ではありません。

しかし4兆円の日本郵政・・・・・・・引き受け手があるんだろうか。

よほど市場環境の良い状態でないと買いが入る事は無いのでは??

逆に、安く付けば長期を考えると買いなのかな。

ともかくまだまだ上場は先の話、今は2014年末の新規公開株ラッシュに対応しなきゃなんないですね。

とは言え、資金繰りが厳しくなって来たので、後は申し込める所に申し込むって感じですね。

いよいよ明日から前半戦の新規公開株の当選発表!ご武運をヾ(≧∇≦)ゞ

他の IPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ