JAL(日本航空)ブックビル方針

 

さて、JAL(日本航空)ブックビルディング開始まで3週間となりました、そろそろ準備をとも思うのですが中々難しいですね。

あまり過去の大型IPOの結果と比較しても仕方がないので、以前記事にも書きましたが記憶にある大型IPOと比較してみましょう。

 

4578 大塚ホールディングス 株式会社

公募価格2,100円

初値2,170円

上昇率+3.3%

仮条件2,000円~2,400円

 

8750 第一生命

公募価格140,000円

初値160000円

上昇率+14.2%

仮条件125,000円~155,000円

 

今後の注目争点

  1. まず予想価格3,790円、12.3期売上高・経常利益率は高い水準にあると言えますが、13.3期の見通しは前期に対し減益を見通しておりリストラで利益を上げているも今後の収益改善には疑問が残る。妥当な価格ではある様な気もするが、13.3期は対前期で減益見通しとなっており、折角リストラを敢行しているものの、今後LCCとの価格競争も控えており将来的な収益性の向上に関しては、疑問が残る。
  2. 現時点での価格予想は3,790円*100株で1単位379,000円となっている、このままだと仮条件は3,050円~3,790円程度になるんでしょうけど、まず仮条件の引き上げは×
  3. 大塚ホールディングも第一生命も、仮条件に対して低く公募価格が抑えられての初値上昇であることを頭において置く。

結論

仮条件が3,790円以下で相場はそこそこ、ある程度は申し込みをして仮条件の中ほど程度で決まればある程度頂く。

曖昧な結論で申し訳ありません

 

他のIPOブロガー情報はこちら にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 株ブログへ