IPO交流会

少し古いニュースにはなりますが、直近の株価上昇やIPOの活況で新規株式公開(IPO)を目指す企業が増えているとyahooニュースで紹介がありました。

証券会社開催しているIPO予備軍を対象にしたイベントはどこも盛況との事。

 

受け皿となる東証は、新興市場の歴史の中で今が最もIPOの環境が整っているとの事、ホントかなって気もしますがともかくそうPRしているとの事。

証券会社によるIPO予備軍の囲い込み競争が激化しているらしい、例えばみずほ証券が7月に、上場を目指す企業を対象に、交流会「みずほ若葉会」を開き、親会社のみずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行のトップが集結しグループで協力姿勢をアピールした。

どうも若葉会と言うのは2年ぶりの開催らしく、IPOを目指す企業が152社参加したとの事。

参加したベンチャー企業も市場環境が良く、追い風を感じると前向きは発言、で意欲を示す。

大和証券などもIPO担当の増強しているとの記事も見ましたから、2014年度の後半戦には期待できそうですね。

とは言え一気に重複上場とかは、資金的にも厳しくなるし市場の資金が分散されるので初値にもあまり良い影響を与えないので、ボチボチ小出しにしてくださいな。

しかし9月上場物件ならそろそろIPO情報が出て来てもおかしくないのですが、何時まで待たせる気なんでしょうか。

まあ最近はまだまだ忙しいのが終わらないので、少し休憩で良いのですが寂しいんです(´-ω-`;)ゞ

他のIPO報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ