カブドットコム信用取引金利引き下げ

 

今まで大手ネット証券間で繰り広げられて来た値下げ合戦が、ついに信用取引の金利にも影響を及ぼし始めた。

今まで信用取引の業界最低金利はGMOクリック証券の2.3%だったが、カブドットコム証券がホームページに8月1日付で信用取引金利引き下げを発表、(カブドットコム証券ホームページ:ホーム>取引商品>信用取引で確認願います。)3.07%だった信用取引の金利を業界最低水準の2.28%に引き下げた。

それに対し、楽天証券・SBI証券も追従を表明11月1日には同水準の2.28%に引き下げる方針を決定した。楽天証券・SBI証券共にカブドットコム証券の独走を阻止すべく11月までの金利の一部をキャッシュバック等のキャンペーンを打ち出し対策に乗り出した。

金利引き下げにより顧客の増大は見込めるが、ネット証券各社、収入の30%程度を信用取引の金利が占めており、競争激化する事により収益のみが減少し、各証券会社の体力消耗が懸念される。

POや優待獲得で信用取引は使わせて頂いてるのでこちらとしては非常に助かりますが、牛丼戦争の様に各社凌ぎを削りすぎないで下さいね、倒産してしまったら元も子もないです。

ただ、やはり金利や手数料が低いのは魅力です、今後も上手に各証券会社を使い分けて行きたいですね。

株主優待クロス取引には絶対必須口座、開設はココから↓