日経平均はどう

日経平均株価2月10日は先週末比255円の14718円と大幅続伸し当日高値に近い水準のままで取引を終えた。

朝方は米国株高を受けて主力株を中心に買いが先行し、中国の上海市場をはじめ東南アジア市場も堅調に推移したこともあり、上げ幅を拡大し、14700円台を回復。

東証1部騰落銘柄数は値上がり1410銘柄、値下がり304銘柄、変わらず66銘柄となったが、出来高が21億8081万株、売買代金2兆1227億円と先週末より減少しており上値を目指すには勢いがない。
もう一段上げて16000円台を目指すには、もっと何か明るい材料が欲しいところ。

直近IPOヒューリックリート投資法人はどう

さて気になるIPOヒューリックリート投資法人ですが、始値は前日から+1500円の132000円でスタートするも下落、なんとか後場に前日値を取り戻すも結局130000円と前日比-0.38%となった。

ほぼほぼ日経平均に連動する形となったが、十分な数値と言えるのではないでしょうか、ヒューリックリート投資法人はリートIPOなので一概に通常IPOと比較は出来ないが明るい題材には違いありません。

IPOアキュセラ・インク(Acucela Inc.)の初値影響

日経平均、直近IPO共に好転してきておりアキュセラ・インク(Acucela Inc.)には好条件が揃って来ています。

2月13日が上場日となり、実質は12・13日の地合いで状況は大きく動くでしょう。

今の所は良い流れで上場を迎えれそうです。

他の アキュセラ・インク情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ