IPO西武ホールディングスついに再上場へ

先日西武ホールディングスと筆頭株主である米投資会社のサーベラス・グループが、来年度早期にIPO(新規株式上場)を目指すことで合意したと複数の関係筋がロイターに述べたそうです。

2004年に西武ホールディングスが上場廃止になってからもう10年も経過したんですね、ほんの数年前の事の様に思い出します。

西武ホールディングスは15日に東京証券取引所にIPOの申請を行った。

上場に際しサーベラスに対し西武HDは持株のの20%程度を売却するよう要請したのに対し、サーベラスは条件を受け入れたもよう。

口座数が少なく当選チャンス大!!IPOに力を入れてます安藤証券

ロイターによると、13日から今朝にかけて、西武ホールディングスとサーベラス間で電話会議を行い、そのやり取りでサーベラスは株式の一部売却について受け入れたもよう。

サーベラスの西武ホールディングス持ち株は約35.5%を保有

IPOの主幹事証券会社は大口IPOなので、みずほ証券、UBS、メリルリンチの3社となります。

上場後の時価総額は想定5000億円程度と久し振りの超大型IPOでIPOに注目が集まるのは必須。

複数GETして大きく利益を出したいですが、外資系の大株主が絡んでおり公募想定価格がどうなるか不安要素はあります。

再生物件なので外資が利益確保のために公募価格を釣り上げるのはわかりますが、ほどほどにして欲しいものです。

他の 株式会社イーグランド情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ