多くのIPO送り出した大証の名前が変わります

9月24日に日本取引所グループ(JPX)が、傘下にある大阪証券取引所の名称を変更する事を発表した。

変更後の名称は大阪取引所で3月24日に正式に変更される。

太平洋戦争の終戦後の取引再開に伴い大阪証券取引所の名称が1949年4月に名付けられた、それから約65年続いた大阪証券取引所が幕を閉じる。

65年とは意外と短い歴史です、もっと戦前からあるもんだと・・・・

冷静に考えれば、戦前の日本に民主的・資本主義の株式市場なんてないのかな。

当選率は高い穴場証券スマ株IPO狙うなら早めの口座開設を!!
大阪証券取引所と東京証券取引所がそれぞれ個別に扱っているデリバティブ商品のの取引を、今後は大証に一本化するのに合わせて名称変更する事となる。

大阪証券取引所から証券の言葉を抜く事で将来の商品先物などの取り扱いを目指す姿勢を鮮明にする。

株を始めてから大阪証券ヘラクレスで結構儲けさせて頂きました、職場から近い事もありたまに上場イベントを見に行ったりしたもんです。

統合されたのも寂しい事ですし、名称変更されるのもちょっと嫌な感じですね。

世界市場を相手に生き残る為には、馴染みの取引所が統合されるのもやもえない事なんでしょうね。

今後はもっと生き残りを掛けて、熾烈な競争が繰り広げられるんでしょう、頑張れ日本!!

 

未成年口座開設IPO当選率アップココで開設

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ