中国経済のバブル崩壊が懸念されている。

背景には、「シャドーバンキング」と呼ばれる、信託会社による闇の融資や、理財商品という銀行が簿外で提供している小口の資産運用商品を使った仕組みがある。

中国政府も十分に実態を把握できておらずムーディーズ・インベスターズ曰く、2012年末にはシャドーバンクによる融資は4兆7000億ドルに膨らんでおり、なんと中国の国内総生産GDPの55%に達していると言う。

 

中国株はオリンピック終了後ひと段落して色々とリスクがあるので一時撤退、確実に利益の出るIPOに注力しています。

最近幹事も多くなり、過去にIPO主幹事も務めた証券会社。

他の証券会社に比べ当選率は高い穴場証券スマ株IPO狙うなら早めの口座開設を!!

 シャドーバンクの運用先

シャドーバンクの資金の運用先は、主に地方政府の不動産やインフラ投資ですが、新たなプロジェクトや設備投資などの経済活動のために使われたのはわずか半分で、残りは過去のプロジェクト資金の借り換えなどで使われているとのこと。

当然、高い融資金利のために、債務の返済が困難となって来ている企業も出てきているようだ。

中国から外資の企業も撤退する所もチラホラ、人件費の高騰により外資誘致も限界に来ています。

今度中国の発展には内需の拡大が不可欠、中国政府のかじ取り次第で大きく発展するか、道を外れるか、、、

未成年口座開設IPO当選率アップココで開設

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ