IPOにも追い風?2020年東京オリンピック決定

日本時間8日未明、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれていた、国際オリンピック委員会の総会で同委員による決選投票が行われ、前回開催の1964年以来56年ぶりとなる、第32回夏のオリンピック、パラリンピックの開催都市が東京に決定しました。

同午前3時45分過ぎに行われた1回目の投票では、東京が過半数の票を得て決定を得ることはできなかったが、1位で通過。

一瞬東京が落選したのではないかという勘違があり、戸惑いに静まり返るひと幕もあり中国では誤報もあった様です。

決選投票に向けマドリードとイスタンブールのタイブレークの結果、マドリードが落選して、東京とイスタンブールの決戦投票が行われ、 午前5時20分頃にIOCのジャック・ロゲ会長の口から「東京」と言葉が発せられると、招致スタッフや関係者から歓喜の声が上がり涙した。

決選投票の得票数は東京が60でイスタンブールが36と、東京の圧勝となった。

 

最近IPO幹事実施、狙い目の穴場証券スマ株

投票直前に東京、マドリード、イスタンブール、3都市によるプレゼンテーションが行われ、東京は映像を交えながら魅力をアピールした。

高円宮妃の久子さまは、東日本大震災後の各国の支援に対し、「感謝の気持ちを一生忘れません」と感謝の気持ちを述べられ滝川クリステル、太田雄貴選手などが東京誘致に向けPRをした。

当の日本人が心配しているのに、正直福島の問題を抱える東京が選ばれるなんて思っても見ませんでしたが、結果蓋を開けると東京が選出。

石原都知事の頑張りが報われたのでしょう、(当時も、日本は選ばれないと思ってました)何にせよ東京オリンピックは日本にとってプラス材料となり、建築関係の企業にとっては追い風となります。

未成年口座開設IPO当選率アップココで開設

東京オリンピックで追い風の上場予定IPO

どの新規承認IPOにとっても追い風とはなるでしょうが、やはり建築関係のIPOにとっては好材料。

気になるのはオープンハウス、 当初はあまり気にしていませんでしたが東京五輪決定となると注目も集まりそう。

市場規模も大きいので当選も狙いやすく、とりあえず確保しておいても良いのでは。

五輪決定のこの勢いで、日本経済の復活に期待したい所です。

他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ