26日の日経平均の動きについて

先日の26日の経平均で1,3983円まで上昇、2008年以来の1,4000円台に迫った。

今週はG20でデフレ脱却を目指す日本の金融政策に一応の理解は示された、通貨安競争は控えとの一致ですが名指しで日本が批判されることはなかった。

日経の出来高は2008年当時と比較し大幅に増加来ておりり、為替相場が円高に大きく振れない以上、算発表が本格化する中、円安を背景に好調な企業業績発表する企業が続出し日経平均は1,4000円台を狙う勢い

しかし、この上昇の裏にはやはり海外投資家がいる、ここ数カ月はかなりの買い越しとなっており、それを強く意識して個人も動き出しているんではないでしょうか。

 

未成年口座開設IPO当選率アップココで開設

 

ゴールデンウイークの為替

ゴールデンウィークに突入、今までは感じではゴールデンウィーク中は、あまり円安にはなりません。
普通は長期連休前は休み中のオーダーは、輸出企業などがドル売りオーダーを銀行などに預けます。
最近は日本の貿易赤字が定着を見ればわかりますが、それほどもともと輸出企業の売りが多いわけではないです。

一番残念なのが最近の円安でも、言う程輸出の金額が増えていないので、売りオーダーがあまりないとも言われています。
他のオークファンIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ