オークファンのブックビル参加予定はどうする?

結論から言いますともちろん全力参加、不参加の理由はありません。

一応、好材料と悪材料を挙げてみます。

好材料

上場市場が人気マザーズ

公開株数320,000株とプラチナ枚数

市場吸収額約8.4億円と小さい

類似企業が見当たらない

人気ネット企業

会社関係者11名に180日間と、ベンチャーキャピタル4組合と1社に公募価格2倍まで ロックアップが掛ってる

IPO空白期で前後の上場がない

悪材料

ベンチャーキャピタルからの出資多数

ストックオプションの未行使残高が大量にある

 

オークファンの幹事未成年口座開設で当選率アップコチラ

 

 総評

ずらずらと記載しましたが、好材料は幾らでも書けます、悪材料もあえて書きましたが、ネットIPOでは当然付きものの悪材料。

やはり上場市場・市場吸収額・人気業種の3つを備えている会社のIPOに死角はない、そして今の新規公開株を取り巻く環境と来れば、申し込まない理由はない。

冒頭でも言いましたが、問題なく全力申込予定。

しかし当選の期待は薄い、そろそろ人気3拍子を揃えた会社が、ネット証券主幹事で承認されないかな。

今年は色んな意味でまずまずのスタートをきれました、ゴールデンウイーク前に是非ともオークファンを頂いて、楽しいゴールデンウイークにしたいものです。

他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ