オークファンの各証券会社の割当

オークファンの申込を決めるため、各証券会社の公募株割り当てを調べてみました。

 

SMBC日興証券   272,000株  85.00%

SBI証券        32,000株   10.00%

みずほ証券        3,200株      1.00%

岡三証券                 3,200株      1.00%

SMBCフレンド証券   3,200株     1.00%

いちよし証券            3,200株      1.00%

極東証券                  3,200株     1.00%

ざっとこんな感じでの配分となっています、平幹事は一律32単位と、まず弱小投資家の私には回って来ませんね。

 

今回の幹事未成年口座開設で当選率アップコチラ

 

 

当然ながら主幹事SMBC日興証券が85%と多くを占めますが、大手証券はお付き合いがないと、なかなか厳しい

となると狙うは副幹事のSBI証券、ほぼ予想通りの割当ですが、副幹事なんで15%ほど欲しかったな・・・・・

割当320単位、これを多いと取るか少ないと取るか。

資金を入れればSBI証券が主幹事の時、2500単位割当があれば30%程度の確率で当選していた。

となると、ある程度資金を入れると4%弱の当選率、人気IPOの当選率なんて0.数%、ほとんど当たりません、となると悪くない数字です。

ただこの4%を引くのもなかなか難しいんですけどね・・・(4%はあくまで個人的見解です)

他の証券会社もあまり頂けそうにありません、結果SBI証券で狙って行きます!!

まあサンヨーホームズも取れない位なんで、無理でしょうけど、とにかく当選目指して頑張ります。

 

他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ