頑張れ日本企業

今日もネットサーフィンで同感だと思う記事を読んでいた。

内容は2012年7~9月期連結決算が過去最高の営業利益を計上したにも関わらず、サムスン電子の本社で記念式典があった際、社幹部が厳しい表情でサムスンの危機を訴えていた。

今、絶好調であるサムスンに何の危機があるのだろう、当然驕って前進する事を怠れば企業危機は直ぐにやってくる。

アメリカのパンナムやGM、日本の山一証券など、大企業と言われた一流会社でも油断をすれば倒産に陥る。

まさにその事を思ってかサムスン幹部が「油断すれば一瞬で没落してしまう」と発言している、その言葉が出る内は安心なんですが。。。。

なんでもサムスンの弱点は、技術開発のノウハウが少ないそうだ、ライバル企業から研究者を引き抜き、技術を吸収して成長して来た。

なんだかあまり共感出来ませんが、企業と言うのはそう言うもんなんでしょう。

日本企業が世界の企業間競争で勝てない理由は、日本は石橋を叩いて、叩いて結局渡れず損をする。

しかし、韓国企業はさっと渡って、他の国が来たら渡れないように橋をつぶしてしまう。

海外のライバル企業ががうらやむ先端技術を持ちながら、商品化へのスピード感が無く日本は敗戦をきして来た。

技術はあるけど、日本は慎重すぎる、顧客もあまりに細かいニーズを突き付ける。

国民性だからしょうがないかも知れないが、もっと大らかな気持ちで商品購入して欲しい・・・・・・

若干愚痴が入ってしまいました、読んで頂いた方申し訳ありません

他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ