IPO協立情報通信の初値はいかほどか!?

IPO一発目のメドレックスの初値状況で、その後のIPOの状況も大体解るのですが、恐らく2012年の流れを引き継ぐでしょう。

今の市場に悪い雰囲気はないです。

協立情報通信もそこそこ欲しいのですが、 店頭でお付き合いのある人は結構配分貰えてるみたいですが、主幹事みずほ証券、野村証券以上に相性が悪い。

まず貰えないでしょうが、申込はとりあえずしてみよう。

証券各社の配分

みずほ証券 290,500株

三菱UFJモルガンスタンレー証券 21,000株

岡三証券 4,400株

SMBCフレンド証券10,500株

いちよし証券 7,000株

SBI証券 7,000株

マネックス証券 7,000株

初値予想

モバイル事業でNTT Docomo携帯電話機の販売をしており、スマホ販売で経営状態は良さそうです。

しかし、IPO初値のみに注目するとなると、業種的に人気は無い業種。

公募で得た資金は、モバイル部門の設備投資資金・ソリューション事業の設備投資資金・業務システム強化の設備投資資金や人材確保の為の資金、前向きな投資に充てられます。

ブックビル参加予定でも記載しましたが、良い点はジャスダックで軽量級と言う点、仮に安く初値が付くとセカンダリーでも面白そうです。

大きく初値を飛ばす事もないでしょうが、公募割れの心配もないのでは。

初値予想は1,800円

他のIPO買取王国情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ