株式会社買取王国

2番手買取王国が1月28日、ビューティーガレージと並びブックビルがスタートします。

何故わざわざ同日なんでしょうね・・・・・

好材料

12年2月期までは高利益の伸び

ジャスダックで吸収額3億円と超小型

PER6倍と若干は割安な気がする

ベンチャーキャピタルの出資はあるが、10%程度

会社関係10名とベンチャーキャピタル4組合等に対し、90日間、1.5倍までロックアップが掛っている

悪材料

13年2月に利益の伸びが鈍化

資金用途が借金返済
(良いのか悪いのか微妙ですが、借金返済では成長を感じません)
 

ビューティーガレージと同時上場

総評

業種的に見ても面白みはなく、今後の急成長も見込みにくい小売業、公募で得た資金を借金返済に使用する等、若干頭打ち感が否めない。

市場でもやはり小売業はそんなに人気化しません、2012年末に上場したネット中古販売のシュッピンでも、初値後冴えない動きとなっています。

ビューティーガレージと同時上場と言う点も気になる、人気的にはビューティーガレージの方が上か。

ただ2社共市場吸収額が小さいので、お互いにそんなに影響は出ないのではないかと予想。

ただ、取りに行きたいのは1単位でも額面の大きい、そこそこ人気になるであろうビューティーガレージです。

以上を加味して。

ブックビル参加予定

他の買取王国IPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ