最後の2銘柄

やっと12月最後の2銘柄の予定です、流石にこれで打ち止めかな、早速紹介します。

グランディーズ

ベンチャーキャピタルとストックオプションが存在していますが、大した額ではないので気にする必要はなさそう。

やはり1番の問題点は市場が福Qであること、IPO新規承認紹介でも書きましたが今の新興市場状況で地方上場銘柄には厳しいのではないでしょうか。

もちろん、公募価格も適正な感じですから、マザーズ、ジャスダック、東証であれば公募割れも無いとは思います。

市場吸収額の少なさに賭けて、チャレンジするのも良いとは思いますが、個人的には参加は見送ります。

個人的感情より、ブックビル参加予定

地盤ネット

地盤の調査等で震災後のニーズにあった企業でしょう、業績も悪くなく公募想定価格よりもう少し評価が高くても良いと思います。

会社関係1名、法人2社には90日間のロックアップが掛っています(発行価格の1.5倍以上解除)。

しかし、ベンチャーキャピタルも出資している上に、全くロックアップが掛っていません。

更に、ストックオプションの行使価格が安く、現時点での既存株主にだけ有利になっています。

ただ、マザーズで市場吸収額が6.5億と軽量のため、面白い展開もあるかも知れませんし、公募割れする可能性も低そう。

てな訳で、ブックビル参加予定

他のIPOブロガーのブックビル情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ