また面倒な時期が

毎年の事ですが確定申告の書類作成に準備に追われています、皆さんは如何お過ごしでしょう。

ほとんどの人が特定口座、源泉徴収ありを選んではないでしょうか?

よく特定口座の源泉徴収ありでないと、会社に株をしている事がばれてしまう等々のブログを見かけます。

確定申告の用紙にレチェックを入れる所があり、ここにチェックを入れると納税は振込となって、恐らく会社にはばれる事はないと思います。

(そもそもばれても問題ない)

1つの証券会社で取引を全て行っている方なら、源泉徴収ありで問題ないと思いますが、以下の方は少し考えて下さい

対象

1.年間利益が20万円以下の方

2.複数の証券会社で取引をされる方

3.株主優待もされる方(クロス取引)

特定口座源泉徴収ありの場合

1.年間利益が20万円以下であれば確定申告の必要はありません、貴方が18万円の利益を出していると源泉徴収ありなら納税の必要がないのに自動で10%の1.8万円が引かれてしまいます。(普通のサラリーマンの場合です)

今後、税率が20%に戻ると、3.6万円も必要のない納税をしてしまう事になります。

*ただし住民税には 20万以下申告不要という制度はなく、市役所に「市県民税の申告」が必要になり、譲渡益のだいたい 3%が翌年の住民税となります。

2.A社で利益が100万円(納税10万)、B社で損失が50万円(還付0円)となった場合も損失分の5万納税は還って来ません。

*確定申告をすれば還付はされますが、結局2度手間。

3.株主優待でクロス取引+IPOや株取り引きをされる方、2と少し被るのですがクロス取引をすると、実際は損失が出ていないのに証券会社の損益表では結構な損失が出ている事になります。

他の証券会社で利益が出ていた場合、クロス取引の損失を相殺出来ません。

*詳しくは時間のある時に説明します。

そんな訳で

上記対象1~3に当てはまる方は、 特定口座、源泉徴収なしをお勧めします!!

税金のプロではなく、素人見解なので間違いがあれば指摘お願いしますね。

 

他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ