SBI証券に粉飾決算疑惑が

下記記事を見かけました。

SBIホールディングス(HD)傘下のSBI証券に、証券取引等監視委員会の金融検査が入った。
SBI証券への金融検査は、3年2か月ぶり。証券監視委が検査に入ることを事前に知らせる「予告検査」として着手しているが、SBIグループをめぐっては総合情報誌FACTAが2012年4月号から毎号、粉飾決算疑惑を追及していることもあり、成り行きが注目されるところだ。

SBI証券への検査について、証券監視委は「個別の事案についてはお話できることはありません」としている。
ただ一般に、証券会社などへの金融検査の場合、「通常は前回検査からの期間や検査の必要性、優先順位などを見ながら検査時期を判断しますが、必要があれば(前回との)期間が短くても検査に入ることはあります」と説明。また、検査は業務や財産状況をみるために親会社にあたる持ち株会社や他の子会社、業務委託先へも立ち入ることができるとしている。

総合情報誌FACTAとは日本の経済界、主に銀行や証券系統を題材にして、疑惑事情を誇示記事の掲載に重点に置いている雑誌です。

えらい所に目を付けられてしまいましたねSBI証券さん、変な疑惑を持たれ主幹事が減っちゃうと辛いです。
他のIPO情報はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ