追証って何?

信用取引で必要な知識『追証』とは

質問がありま~す、『追証』って何ですか?

ふむふむ。

追証とは 、信用取引で売買した株価が思いと逆に動き、損失が出た場合追加で支払わなければならない保証金の事です。

もともと信用取引を始める前に保証金(大体の証券会社は最低30万円)は入金しましたよね。

まだ追加でお金が必要なんですか?

保証金は担保です、最低委託保証金率は20~30%程度が多く、それを下回ると追証が発生します。

簡単な例(最低委託保証金率25%の場合)

保証金(証券口座入金額)100万円

  1. 信用取引で200万円分A株購入⇒委託証拠金率は100万÷200万=50%となる。
  2. A株暴落-30%で60万円の損失が発生、実質保証金(元金)は100万円-60万円の40万円となる。
  1. 委託証拠金率は40万円(元金100万-損失60万)÷200万円(信用取引株購入額)=20%となり、最低委託保証金率25%を下回って追証が発生する。

損失が拡大すると、保証金の100万円以上の損が出てしまう可能性が出てきます。

そのまま損失が膨らみ200万円の株価が1円になった場合、トレーダーの支払い能力100万円を超える200万円の損失となります。

ここまで行って、トレーダーが追加-100万円分支払えなければ、証券会社も困りますし、トレーダーも困ります。

そこで保証金の担保以上に損失が出る前に、追証で信用力を上げる事になります。

なるほど!

追証は自分の信用力を上げ、損失が出ても耐えれる体力を付けるんだ。

その通り!

でも株をする上で追証を発生させる事自体がダメなトレードをしている証拠!

損失が出る時もあるので仕方がないですが、自分の資産実力以上の取引は危険です。

あう~、確かにそうです。

もし証券会社の口座以外にお金が無くて、追証金を入れれなかった場合はどうなるの?

考えたくは無いのですが、証券会社の指示に従って追証を払わなければ、信用取引の建て玉や持ち株を強制的に売却されてしまします。

さらに売却したのに資金がマイナスとなった場合は、不足分になった分をを請求されてしまいます。

ち~ん・・・

恐ろしい、不足分請求されますか・・・・

まあ信用でお金を借りて取引するのですから、当然と言えば当然です。

ただ 通常の下落で追証となった場合には、強制売却後に資金がマイナスになる事はほとんどありません。

逆に考えると強制売却はセフティーネットと考える事が出来ます。

そか、 セフティーネットと言われると安心です。

他には、現物保有株を担保として信用取引出来る証券会社もあり、現物保有株が大きく下落しても同様の事が起きますね。

先ほども言いましたが、 強制売却される時点で投資家としてアウトですよ。

信用取引は自分で管理できる範囲で取引するのが鉄則です。

基本的には、追証発生させる無理な取引はしない事ですね。

追証は信用取引で損失が大きくなった時、証券会社への信用を回復する為の追い金なのか。

なるほど、勉強になりました。
IPO情報がたくさん  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ