JAL上場後の株価状況

JALが上場して3日目が経ちました、なんとか3800円台をキープしたいましたが、21日の後場から急落、前日比-4.29%3680円で終了しました。

やはり3800円の価格設定には無理があったのでしょう、なんだかこのままズルズルと下落しそうな気もします、後場の急落原因として下記の記事がありました。

 
 
毎日jp引用
日本航空が21日、中国の反日デモの影響で予約キャンセルが相次いでいるとして、日本と中国を結ぶ3路線の減便を発表したのを受け、日航の株価が急落した。日航は19日に東京証券取引所に再上場を果たしたばかりだが、「チャイナリスク」の洗礼を受けた形。一方、全日本空輸も21日、中国3路線で使用する航空機を小型化すると発表した。
 日航が中国路線を減便するのは、9〜11月の日中両国発の団体客の予約キャンセルが計約1万2000席分に上ったためだ。「テレビなどで過激なデモの映像が流れたため、日本人には危機感が大きいようだ」といい、特に観光需要が落ち込んだ。これを受け、日航株の21日の終値は、前日比165円安い3680円まで下落した。
 

ANAは1日早く20日に2.3%下落後176円で推移しています、この1日の差は何なんでしょう?

JALもANAも条件はほぼ同じなのに、ANAの株主は中国問題に敏感に反応し、JALの株主は会社側の発表があるまで無反応?私からすると不思議な状況です。

こんな時は20日に、ANAとJALのサヤ取りを仕掛けていれば確実に利益が出せます。(また時間があればサヤ取りも紹介したいと思います)

プラチナIPO当選多数 GMOクリック証券

日本コンセプトの初値予想

コード9386日本コンセプトですが、やはり特別に好条件と言う内容はありませんでした、悪材料にはJALの株価急落で公募価格を割ってしまった事でしょう。

業績を加味しても、特に好材料も無い事と業種内容から、やはり初値を飛ばすには難しいと判断し以下の初値予想とします。

初値予想は1250円前後

他のIPO初値予想はこちら  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ